歩きスマホは確かにやっている人が多い

歩きスマホの危険性や規制の議論は、少し前から本格的に色々なところで出始めましたね。

確かに街を歩くと歩きスマホしている人が多いんですよね。今までのガラケーと違い、両手で使うことが多く、ガラケーに比べて表示される情報量が圧倒的に多いので、集中して見ないと、きちんと表示されている情報を読み取れないんですよね。しかしこの実験結果の、視野が1/20にまでなると言うのには驚きました。

私も偉そうなことは言えません。行ったことがない場所や、土地勘がない場所では、歩きスマホでナビを使ってしまうことがあります。本当はいったん端に寄って止まるべきなんですよね。

バイクでもナビを使う場合があるのですが、その場合はまじまじと見るわけにも行かないので、ヘッドセットと繋げて、音声案内だけで使用しています。徒歩ナビの時もそうすれば良いんですよね。

凄いのになると、自転車に乗りながら、ハンドルに肘を掛けて、両手でスマホを操作している男子高校生なんかも見たことがあります。

鶏を飼育している農家には深刻な問題

熊本県で鳥インフルエンザの発生が確認されたそうですね。数年前には宮崎県で鳥インフルエンザの発生がありました。今回は、当時の経験を活かすことができたらしく、熊本県の行った対策は素早くて適切だった思います。

しかし、近隣で鶏の飼育をしている農家の方達は、頭を抱えているのでしょう。現在は、農家の敷地の入り口などで消毒作業を徹底しているそうが、正直、感染を防ぐ手段としては有効とは思えません。目的は、感染拡大のリスクを少なくするということになるのでしょう。

と言うのも、鳥インフルエンザの感染経路は、大陸からの渡り鳥の可能性が高いとされているからです。野鳥の侵入を完全に防ぐことはできないので、感染を未然に防ぐというのは非常に難しいことだと思います。外界と完全に隔離する飼育小屋なども考えられますが、建設に掛かる費用を考えると現実的ではないのかもしれません。
今は感染拡大を防ぐので精一杯のようですが、近い未来には有効な対処法が見つかって欲しいものです。

笑っていいとも!がついに終わる

32年間、放送されてきた「笑っていいとも!」がついに終わってしまいました。

32年間と言えば、子供が大人になるのに十分過ぎる程の時間。
私もいつの間にか大人になり、結婚して家庭を持ちました。
学生時代のお昼休み、教室のテレビでこっそり番組を見ていた頃が懐かしいです。

結婚する前、お昼に見る番組と言えば「笑っていいとも!」だったのですが、
結婚してからは、主婦にとってためになる情報を提供してくれる「ヒルナンデス!」ばかり見ていました。

それなのに、こうして「笑っていいとも!」が終わってしまったことは、とても寂しいです。
いつも変わらず放送していた番組がなくなると、なんだか帰る場所がなくなってしまったような気にすらなります。

いち視聴者の私ですらそう感じるのですから、ずっと番組を支え続けてきたタモリさん、
そしてスタッフ皆様の心情たるや、想像に難くありません。

最終回、番組終了間際に「明日も見てくれるかな!?」の言葉がなんとも切なく、
本当に明日も放送していたらいいのに、と思ってしまいました。

とくにく、タモリさんには「長い間本当にお疲れ様でした」と伝えたいです。

花粉症が突然治る?

私自身も花粉症の気はあるようで、時折クシャミや鼻水が垂れるなどということもありますが、それほどひどいものではないようです。

しかし、兄弟や義兄などは毎年この時期となると大騒ぎで、マスクと薬を買い込みながらも、くしゃみ連発で鼻を赤くする日々が続いているようです。

そんな中、ある日突然、花粉症が治るという話しがあります。

しかし、これはありうる話しであるといい、腸内環境の変化によるものがあるそうです。
腸内環境というと、ヨーグルトなどの機能性を謳い文句にしている商品もでており、数年前から言われていたヨーグルトが効果あるというのは、こういうことであったのでしょう。

その他にも、会社を代謝したことでストレスが無くなった為に改善したとか、背骨の歪みを直したことで改善したなどという話しもあり、又、冷え症であると風邪を引いたような状態となり、花粉が来ることで防衛本能の過剰がおこるといいます。

更に妊娠や出産、引っ越しなど、体や住環境が変わる事で改善したという話もあるといいます。
しかし、これらはレアケースに近いもので、複雑な要因で花粉症になっているともいわれます。
後、数ヶ月は花粉に悩まされる日々が続きそうです。

今年も日ハムは点が取れない

昨年は得点力不足に泣き、最下位の屈辱を味わった日本ハム。今年は変わったかにみえたが、どうやら変わっている部分は殆ど無いようである。3試合連続の完封と全くいいところが無い。これではペナントレースが始まったとしても、全く通用しない可能性がある。早急に立て直しが求められることとなった

元々日本ハムは得点力で勝っているチームではなかったが、昨年から深刻的な得点力不足となっている。最大の理由は糸井をトレードに出したことによるものだが、それ以上に他の打者が出てこない問題もある。主砲の中田とアブレイユ頼みでは辛い状況になるだろう

こうして調子の悪い部分を何とか切り払わなければ、開幕から連敗地獄に繋がる恐れもある。他のチームはそれなりに仕上がりを見せており、何時でもペナントを始められる状況が整っている。日ハムはそのラインにすら立てていない
投手にかかる負担を減らさなければ、長いペナントレースは上手くいかないことが多い。そのためには打者の奮起が待たれる所だろう

ビットコイン見解に見る政府の抜け目無さ

ビットコイン(BTC)は、その乱高下振りや、ハッカーの攻撃を受BTCが盗まれ倒産状態となったりと、その混乱振りは世界中で発生しているようです。

一方で、アメリカなどでコントロールできないものかと模索している様ですが、個人の責任でと放任してた日本政府が、「通貨にあたらない」という見解を示しました。

答弁書ではBTC法律の対象ではなく、銀行法や金融商品取引法の対象ではなく、銀行はコインの売買仲介や専用口座の開設もできない。
又、決済の手段としてBTCを使うことは禁止する法律は無いとしていますが、企業や個人がコイン売買により利益を揚げた場合には課税の対象になるといいます。
更に、BTCがマネーロンダリングなどの犯罪資金洗浄となった場合には、組織犯罪処罰法に抵触することがるともしています。

要するに銀行では関知しないが、企業や個人での取引や決済は個人的な責任でやれ、ただし、BTCを換金して利益が出た場合には課税し、それが犯罪に使われたものであれば刑法を適用するということなのでしょう。

さり気なく、犯罪に使われれば取り締まり、利益がでれば税金だけは取りますというのが、何とも国らしい抜け目無さだと思わされます。

ヤンキース田中始動

ニューヨークヤンキースに入団した田中将大投手のキャンプがいよいよ始まりました。大リーグのキャンプは日本のキャンプと比べ期間も時間も短いため開幕に向けての調整に注目が集まります。

大リーグのキャンプを経験するのは始めてな上に環境にも慣れていないとなると精神的にも肉体的にもきついキャンプが予想されます。しかしそんな中心強い味方がいます。ヤンキースのエースとして活躍する同じ日本人の黒田投手です。

メジャーでの経験も豊富ですし言葉が通じる日本人がすぐ近くにいる事はとても大きい事だと思います。黒田選手にアドバイスをもらいながらキャンプをうまく過ごし自分の実力を発揮できるようにしてもらいたいです。ヤンキースという名門球団のローテーションに日本人投手が2人がいるというのは正直信じられないような出来事です。環境的には決して甘くはないと思いますが昨年24勝を記録した大投手です。大リーグでも私達を驚かせるような成績を残してもらいたいです。

妥当な結果だった

ソチオリンピックで沸く中、東京都知事選挙が行われた。事前の調査の結果通り、舛添要一氏が投票終了後に当確となった。これは東京に必要なことが都政を進めることであって、原発などの問題ではないことを証明した形となる

この選挙は、当初から都政と2020年のオリンピック成功のための知事を作る目的で行われる予定だった。しかし原発問題を中心に掲げる候補者が乱立し、焦点がぶれるのではないかとの懸念もされていた。終わってみれば原発より都政とオリンピックであることが伺える結果だったと言える

これからやらなければならないことは、都政を進め、良い街を作っていくことになるだろう。最大目標は6年後の東京オリンピックに、東京という街が素晴らしいものだとアピールすることだと思う。それに向かって舛添要一氏が取り組まなければならない課題は多い

この結果は国会にも影響が出てくるだろう。自民党は押せ押せムードになるだろうし、他の党はちょっと苦しい立場となる。この影響がどのような形で表れるのかにも注目したい

やっと見ることができました

 以前からとんねるずがいいともレギュラーに決まったことは知っていたのですが不定期レギュラーということで一度も生で見ることはできていませんでした。

でも今日偶然この登場シーンを見ることができてとても嬉しかったです。私は以前とんねるずがレギュラーだった時期のいいともは見たことがないので余計に嬉しかったです。

 箱の中から登場するなんて誰でもびっくりすると思いますし、さすがノリさんだなと思いました。それにしても登場を知っていたタモリさんがまったくそんなそぶりを見せなかったのもさすがだと思います。いつもおもしろいいいともですが、やはりとんねるずがいるのは別格だなと思いました。

コーナーもとても盛り上がっていましたし、私も見ていて笑いっぱなしでした。一気に会場の空気がガラッと変わったように思います。セットを壊そうとするノリさんはとても自由で三村さんがとても困っているのがつぼに入ってしまいました。毎回サプライズの登場をされるそうなので次回の登場が楽しみです。

新旧10番

本田圭祐選手が所属するACミランの監督が変わりました。新監督は本田選手と同じようにミランの10番の背番号を背負った経験のあるせードルフです。セードルフはミランの一時代を築いた名選手です。トヨタカップで日本に凱旋した際に浦和レッズとの試合にも出場していました。

母国のオランダでは代表選手としても活躍したスーパースターです。ただ選手としては超一流ですが監督としては新人監督です。先日新監督の船出の試合がありました。内容はともかく勝利という結果は新監督にとってはとてもいいスタートになったと思います。ここで注目されるのは本田選手の起用法です。先日の試合ではトップ下のポジションで先発出場する事ができました。

これは監督の期待の表れだと思います。これから大きな怪我が無い限りある程度は本田選手をトップ下で起用するのではないかと思います。その期待に応えゴールという明確な結果をだして欲しいです。ミランの勝利と本田選手の活躍を願っています。